インスタレーション 『ABITA』 @JINNAN HOUSE

 

細胞が入れ替わるように

その場所にあるモノが

完成もなく変化し続ける

 

パフォーマンス作品『ABITA@カフェ・ムリウイ(2020)、映像・写真作品『ABITA@沼津(2021)の発表と創作を経て、これまで出会った素材とプロセスを取り入れ、コラボレーターの写真家 三浦麻旅子、映画監督 岡本まな、ダンサー シマダタダシと共に、モノ、音、写真、映像、身体、を空間へ映し出すインスタレーション。

 

 

2022422[]424[]

JINNAN HOUSE内ギャラリー&イベントスペースHAUS STUDIO https://jinnan.house150-0041 東京都渋谷区神南1-2-5)

11:0019:00(日曜日 11:0017:00

 

写真|三浦麻旅子

映像撮影|岡本まな

音|藤代洋平

身体|シマダタダシ

身体|奥野美和

 

協力|JINNAN HOUSE

主催・企画|nakice(奥野美和・藤代洋平)

 

 

 *Artist talk

参加アーティストの皆さんと実施した各自の活動や今作についてのフリートークを実施しました。


talk Ⅰ_3/23 up >>>

talk Ⅱ_3/30 up >>>
talk Ⅲ_4/6 up >>>

 photo  Mariko Miura

【プロフィール】 

三浦 麻旅子

フリーランスフォトグラファー 東京生まれ

音楽、ダンス、演劇、演能を中心に撮影。

日本ユニセフ協会の海外視察のオフィシャルフォトグ ラファーとして同行撮影(ブータン、ナイジェリア、南スーダン 、ウクライナ 、西アフリカのニジェール) また、ーRebirth(Voice of water)ー 巡るエネルギーを感じて日本の滝を撮影。 202012月には無観客配信で「今日の人間」海の底バンド、ダンサーATSUSHIと、滝と旅の写真映像で共演。

著書には『LIVE原田芳雄写真集』(リトルモア)  『写真家はインドをめざす』(青弓社)に『マルチサーカス』を執筆。夢幻的フォトエッセイ『ムーンライトジョーカー~インド のサー カスで出会った人たち ~(UP BOOKS & MAGAZINES) 電子書籍がある。

岡本まな

1988年生まれ。

2015年度山形ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波部門に入選。

その後、ポレポレ東中野で一か月のロングラン上映され、その後全国各地のミニシアターで上映される。

現在、二作品目を完成させたばかり。

 

藤代洋平

物と音

シマダタダシ

 

演技を学ぶ中で身体表現と出会い、ダンスのキャリアをスタートする。

日々の生活にまみれた身体性や感情の記憶をベースに自己の身体を追求。

2013年横浜ダンスコレクションで作品発表後、日韓ダンス交流プロジェクトでの作品制作、その他国内外で活動。

現在は、都会の片隅に在る一つの現象として捉えた自身の存在を軸にEdgeofthecityと題し、身体や絵、言葉を使って探求を続けている。

奥野美和

3歳よりモダンバレエを始める。2009年よりソロ活動を開始。

骨と肉に着目し”自由になる為に解体された身体”コンセプトに国内外にて活動し、自ら映像や美術を手掛け総合的な空間創りを目指す。

横浜ダンスコレクションEX2013にて若手振付家のための在日フランス大使館賞、MASDANZA賞、MASDANZA18(スペイン)にて審査員賞を受賞。

2015年、東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻に入学し、身体表現/パフォーマンスアート/インスタレーションの間に成立するbody installationの文脈を探る。

近年ではカナダ人女優・演出家のMarie Brassardの演劇作品へ参加、また映画への出演をするなど身体を通した表現の開拓を続ける。

 

ダウンロード
『ABITA』@JINNAN HOUSE press release
JINNAN HOUSE press release.pdf
PDFファイル 2.4 MB
ダウンロード
『ABITA』@JINNAN HOUSE main visual
ABITA JINNAN main visual.jpg
JPEGファイル 16.0 MB